福岡友の会 

4歳児グループ
2013年度

ようす
3


最終集合日
4才児グループ最後の日、お母様とお客様の前で合奏と歌。
お部屋には箱人形、クロッカス、
最後に作ったモザイクタイルな
どを
飾りました。
お昼は丸パン、ホワイトシチュー、ブロッコリーの塩ゆで、
オレンジゼリーを皆でいただきました。
4才児グループに一年間通ってのお母様の感想
たくさんの豊かな経験をさせていただいたこと。信頼できるお母さんたちにめぐり会えたこと。
  本当によかったねと主人とも話しました。
あっという間の一年でした。ここで習ったことは必ず幼稚園に行く時にいきてくると思います。
一緒に給食を作ったり、おいしい料理の情報、子育ての事などを共有し助け合ってきたお母様方がいなければ私は最後まで続けることができなかったように思います。なんだか戦友のような気がします。
同じ歳の子どもと励み合うことで一人で頑張れない事も出来て素敵な型や色の励み表のパワーにも驚きました。子どもの力を信じて待つ事の大切さを教えていただき私の大きな学びの場となりました。
「~させる」のではなく子どもが自分で「~できる」ための準備をしてやることが親の務めなのだと再確認しました。
週1回と少ないにもかかわらず、こんなにも充実した環境の中で多くのことを学ぶことができて本当に良かったです。これから成長していく過程で4才児グループで培ったことは助けになると思います。
✤ 4月から毎日幼稚園に通うことになります。家でじっくり娘と向き合うのは最後の期間でした。
その貴重な一年を丁寧に過すことができました。



2学期に植えたクロッカスの花が咲きました。


箱やビンで作った人形をお母様に
見てもらいました。

手洗いやうがい、どれだけ身に
ついたかな?よく身についている
ことは赤、時々忘れたりお家の人に
言われることは黄、ほとんど身に
ついてないことは青に ひとりひとり
の印を貼って見合いました。
 
お母様からのお手紙
お励みに影響をうけて兄もよい生活が身につきました。
一年を通してこんなにたくさんの事ができるようになったのかと
思うと成長したことを実感します。




手洗い、がらがらうがい、
   洋服たたみ、ひとりね、
ぱっとね、ぱっとおき・・・ 
1年間でたくさんのことが

できるようになりました。

先週の続きの人形作り。
布を使って洋服も着せました。

いろいろな人形ができました。
お母様からのお手紙より 
―― 218日(月)親子体操をしてーー
・月曜日の親子体操の後、肩こりがスッキリ!!体が軽くなりました。
・色々と二人で動いたのがとても楽しかったようです。

家に帰ってからも、また次の日も「体操楽しかったね。」と言っていました。




「花のお国の汽車ぽっぽ」の合奏


「黒いひつじさん」の歌に合わせて
 ペープサート

 メエメエ くろいひつじさん
 毛糸をわけてくださいな ~


箱・ビン・ラップの芯などを使って
人形を作りました。
お母様からのお手紙より 
今週の励み表で冷水まさつのてぬぐいを枕元に用意するようになって
朝の動きがとてもスムーズになりました。
洋服も自分で選びたたんでいます。
自分で自分の用意をすすんでしている事に
私は感激です。




   『あさのおしたく』 
  1. ぱっと起きる 
  2.パジャマをぬいでたたむ   
 3. 冷水まさつをする 
  4. 服を着る        
  5. 「おはようございます」


    『よるのおしたく』
  1. 冷水まさつの手ぬぐいをしぼる
  2.
服をぬいでたたむ
   3. パジャマに着がえる
  4. 「おやすみなさい」
  5. ひとりで布団に入る


軽食はロールケーキ、いちご、牛乳
お母様からのお手紙より 
次の日の洋服の準備を兄とふたりでごそごそとしていますが寝入ってから見に行くと

と柄の上下や色がちぐはぐな服を選んでいるのでこっそり変えたりしています。
これがよい習慣として身についてくれたら大人になってからもよい生活ができるなと
思います。こういった事が子どもにとっての本当の財産であるように思います。
1



コルクの積木で作った汽車

洋服のたたみ方を習いました。
脱いだ順にたたんでカゴに入れていきます。


おすもうをしました。「はっけよーい。のこった。」
お母様からのお手紙より

 寝る前、姉と「ぱっとおきの練習しよう。」と
ずいぶん布団から飛び起きる練習をして寝ました。

初日から練習通りはいかなかったけれど
2人で手をつないで「おはよう」と起きてきて私も感激。

 その後もかわいい励み表を完成させたく楽しんで出来ました。

1


「朝起万円」の紙芝居を見ました。 朝早く起きるのはとってもいい 
明日から ぱっと起きしよう!

「花のお国の汽車ぽっぽ」の歌を習いました。
♪ アネモネえきから  きしゃぽっぽ
さくらそうのまち はしってく
ぽっぽ ぽっぽ しゅーっ ぽっぽっぽ ♪


砂山のトンネル開通。
「あっ!通ったあ~」
お母様からの
お手紙より

今週のカーディガンのお励みは「お着がえ」として
上手にできていました。

ただやわらかいパジャマ等は脱げるのですが
 洋服の上着で脱ぐのが難しい

ものがありますが「こどもにできる服」を
用意してあげなければならないと

あらためて感じました。 
1


朝の仕度が終わったあと
木のおもちゃで
遊んでいます。

セーター・カーディガンの
着方を習って 皆も
やってみました。


今日は「たいこの歌」
を習いました。

♪♪ おおきなたいこ 
ドーン ドーン

ちいさなたいこ 
トントントン ♪♪
お母様からの
お手紙より

髪とかしは楽しくて仕方ないようで朝から鏡の前でニヤニヤ・・・・ 
いろいろな表情をしながら励んでいました。
傍で見ていて小さい頃から 女の子はやはりおしゃれが楽しいのだなあと

微笑ましく 感じました。
1




 髪とかしを習いました。

「こま」の歌を習って、
皆 こまで遊びました。
どんぐりのこまは上手に
回せるようになりました。

今日の お昼ごはんは
お正月の献立

 赤飯
鶏肉の香味焼き
白菜と昆布の即席漬け
栗きんとん
清汁(白玉だんご、
かつお菜、人参)


主人とも、本当に成長したねえ。4才児グループにやってよかったねえ。
と話しました。その時々「どうして出来ないのかしら」とイライラしても
その半年後には気付くと出来ていることがたくさんで この経験が
色々なことを見守る私達の心のよりどころになっていけば
いいと思います。
12

お昼はロウソクの明かりで
いただきました。


ひとりずつ好きな歌を歌いました。


「きらきらぼし」 の合奏

お母様から歌のプレゼント

皆でケーキとクッキーをいただきました。
お母様からの
お手紙より


一番印象に残ったのは、やはりひとりずつ子どもが歌うことでした。
きっとあの台に立って歌いはじめる時は勇気を出したのだろうと思います。

小さな心でいろいろな気持ちとたたかって「えいっ」という
気持ちで歌っているのだと思うと心を打たれました。
11


体験

見学


行い


みんなでわらべうた ツリーや星の形の紙に
好きなものを貼って
クリスマス飾りを作りました。
14日に収穫したさつまいもで茶巾しぼりを
作っていただきました。
「おいしいね。」
11

お母様からの
お手紙より

先週持って帰った
さつまいもは
焼きイモにして
欲しいという
リクエストに応えて
おやつにいただき
ました。 
自分で育てた
おいもは
さらにおいしかった
ようで 
パクパクモグモグ 
あっという間に
完食でした。
ボールを足にはさんで ぴよんぴよん跳んだり、
足のうらでくるくる回したり・・・etc.
きれいな色の鐘ができました。
11



お庭の畑でさつまいも堀り。
つるをひっぱって 
「よいしょ」 「よいしょ」

大きいおいもがとれました。


どれだけあるかな~
今年は少なくて 4.6kgでした。 
お母様からのお手紙より
「ひとりね」はほとんど習慣のようになりました。
 お励み表が終わっても確実に習慣になるような気がします。
こんなにすんなりできるなら、もっと早くからしておけばよかった。
(私の自由な時間ができるので・・)とも思いましたが、この時期に4才児グループの
仲間と一緒にお励み表というきっかけはよいタイミングだったのだと思います。
 こうしてみる3才という1年の間に色々な事ができるようになったなと感慨深いです。
11


たんぽを使ってポスターカラーで、
植木にもようを
つけました。

お昼からもようをつけた植木鉢に
クロッカスの球根を植えました。

クレパスで色を塗ったリップルボードに、
どんぐり、どんぐりの帽子、木の実、
枝などをつけて飾りを作りました。
お母様からのお手紙より
今までも根菜類や一部の野菜は好んで食べていましたが、
食べなかった生のレタスや葉物も気がつくと食べてしまっています。

4才児グループで色々 皆と食べているからかわかりませんが、
日々 成長しているなあということと食べなくても出し続けていけば、
いつか食べる日が来ると思っていたことが、少し報われて嬉しい一週間でした。

10

遠足で歩いた道の絵を描きました。
遠足のことを思い出してみました。
「花畑園芸公園に行った。」 「どんぐりでクリスマスツリー作った。」
「こまにした。」 「何かの幼虫が出てきた。」
大人 『階段 登って遠くも見えたでしょう?』
「家」 「くるま」 「野球場」 「スカイツリー」
大人 『福岡タワーね。歩いた道も見えた?』
「見えた。」 
お母様からのお手紙より
楽しみにしていた遠足が終わりました。かわいらしいリュックサックを借りてきて家でも
嬉しそうに背負う練習をしていました。
朝、集合場所に行った時は緊張して私の手を離さなかったのですが、
帰りはにこにこして待っていました。

たくさん歩いたこと、登ったり、走ったりしたこと、福岡タワーが見えたこと、
もちろんお弁当も嬉しかったようで 他の人のお弁当の様子まで
話してくれました。

10

今日は花畑園芸公園に遠足



二人ずつ手をつないで歩きます。


遠くの景色を眺めると福岡ドームや
福岡タワーが見えました。
「あっ、 野球場!!」



石の階段を登りました。
「よいしょ、よいしょ」
「つかれるね。」


花の温室には大きなサボテンが
ありました。

 「わ~っ、 トゲ トゲ 」

前日の強風で落ちていたどんぐり、
たくさん拾いました。

10


お母さんが作ったお弁当袋。 
来週の遠足までお弁当の
出し入れをお家で練習します。


雨が降っていたので お部で
積木遊び。高く積んだり、
お店屋さんごっこをしたり。
「はちみつ いりませんか~」


運動会を思い出して粘土でいろいろなものを 作りました。

お母様からのお手紙より
手作りで心のこもった そして ゆったりとした 運動会でした。
4才の時にこんな運動会を経験できて本当によかったです。
競技は皆が一生懸命だけれどもマイペースに進めていたのが
とても 印象的でした。4才児グループならではと思います。
子ども達の一生懸命な体操や走る姿に笑ったり
涙ぐんだりしていました。

10


皆でお世話している十姉妹

1週間、お家でお世話した当番の人に話を聞きます。「
赤ちゃんが生まれた。
ピンク色になってた。」

(十姉妹の)パパとママが
えさあげよった。」

皆でそっとひなを見ました。
「くちばしもピンクで 
からだもピンク。」
お母様からのお手紙より
ブラウスの着方は ブラウスを着る時が楽しいようで 何度もしてみせていました。
一番上のボタンが 家では、なかなかとめられずイライラしていたのですが、
教えていただいて帰ってからは、さっととめられるようになっていて
本人も嫌な気持ちもおこさず楽しく練習していました。

10



(水)

今日はお庭で体操の練習

 
ねころがって三輪車こぎ


ブラウスの着方を習いました。
お母様からの
お手紙より

― 先週下着の着方を習ってー
下着の着方はスムーズにできていたので、ある日
こっそりとわざと 裏返しにした下着を渡して
だまって見ていると、きちんと もとどおりにして
着ていたので とても感心しました。
「下着を着るのが本当に上手だね!」
と言うと 嬉しそうにしていました。

ボタンは下から止めていきます。
9


運動会の体操の練習。
背伸びをして木になっている
りんごを取ります。

「それっ!」 「よいしょ!」
なかなか入りません。
お母様からの
お手紙より


今回の励み表、おもちゃ片付け
は私が気になっていたことで
ピッタリでした。早く寝かせ
たいために夜の片付けが疎かに
なっていました。かわいい
シールにどれがいいかなあと
楽しみながら、お部屋すっきり。
お部屋が朝起きてきれいだと
気持ちいいねと話し、また
いっぱい広げて遊べるのが
嬉しそうです。
  
 
おひるごはんはお母さんが
作ります。 
≪今日の献立≫
さつま芋ごはん 
いわしのさつま揚げ 
三色ごま酢あえ
 みそ汁
 
 
「おいしいね。」 おかわりもたくさんしました。
9


脇を伸ばしてストレッチ体操


1週間練習して皆 上手に
くつ下をまとめられるように

なりました。

 皆でお世話している十姉妹を
発砲スチロール、竹ひご、
セロハンな
どいろいろな
ものを使って作りました。
お母様からのお手紙より

くつ下はきは難なく出来ましたが、まとめは難しくてギブアップです。
箸にも棒にもかからないので私がイライラしかけたので「ハ ッ !」と
思い直し「いいよ、いいよ ゆっくり練習すれば。」と言ったところでした。 

9


くつ下のはき方、脱ぎ方、
まとめ方を習いました。

初めての平均台 慎重に
ゆっくり、ゆっくり・・

初めての筆。大きな紙に思いっきり描いています。皆、大満足!!
お母様からのお手紙より

 くつはきの練習はよくやりました。下駄箱から色々なくつを出して「これは、こんにちはばき(正しくはけている)これはさよならばき(左右反対)」と言いながら、長い時間玄関にいました。

9



「オットセイになったよ~」

くつはきを習いました。
足にも右と左があるように、  
くつにも右と左があるので、
よく見てはきます。


夏休みに冷水まさつを
励みました。
できたら汽車に

子どもや動物を貼って
いきます。

 「毎日できたかな?」
お母様からのお手紙より
冷水まさつは私だけでなく 姉・兄・父の励ましもあり、いつも進んでではありません
でしたが、全日やり通すことができました。汽車に貼るシールが全部なくなるのを
楽しみにしていて、それを目標になんとかやれました。
8


親子体操の時間。お母さんの背中に乗っておさんぽ。

3月に卒業した 5才の人達と一緒に夏休みの集まりをしました

タオルでなわとび。



みんなで白玉だんごを丸めました。


丸めた白玉だんごを使って
大人が花ずいか(フルーツポンチ)
を作りました。
 



みんなで花ずいかを食べました。「おいしい~。」
「おうちでも作る~。」
7


今日で1学期は終わりです。
何回来たか『元気に来た印の表』を
数えました。

お昼ごはんはハヤシライス。
「おいしいね。」
皆残さず食べました。

「ことりのうたの合奏」
 おかあさんに見て
もらいました。
お母様からのお手紙より
からすのくろちゃんについて聞いてみると「困った時は自分は氷を入れる。くろちゃんは水を飲めてよかった。」 何か自分で出来ない事があって「ひ~ん!」と泣いている時に「からすのくろちゃんはどうするかな?」 と言うとグッと何か考えるようで、少しやってみようかなという気になる事もありました。 
7

雑巾がけをしました。「よいしょ よいしょ。」 「おもしろーい。」

からすのくろちゃんの人形劇を
見ました。
 
 < あらすじ >
 くろちゃんは、くまのおじさんに手紙を届けてほしいと頼まれます。途中 のどが渇き、水がめを見つけましたが、水は底の方にあって口ばしが届きません。くろちゃんは困って泣きたくなりますが、我慢して考えいいことを思いつきました。石ころをかめの中へ入れ、水かさを増やして水を飲むことができました。そしてくまのおじさんに手紙を届けることができました。

困ったことがあっても、すぐ泣かないでよく考えることを くまのおじさんと約束しました。

お庭の笹をとって七夕かざりを
つくりました。
6


おうちで手ぬぐいしぼりと顔ふきをしてどうだったか励み表を見合いました。「お天気しぼり多いよ。」 
「顔ふきいっぱいやった。」しぼりと顔ふきをしてどうだったか励み表を見合いました。「お天気しぼり多いよ。 
「顔ふきいっぱいやった。」


今日は雨だったのでお部屋で遊びました。

お母様からのお手紙より
 手ぬぐいしぼりのお励みは親子して苦悩の日々が続いています。たたむのは随分上手になり、
干すのも上手になったように感じています。
しかし お天気しぼりには一度もなりませんでした。それでも 最後の2日程は小さい手で
一生懸命しぼって随分手つきがよくなったように思います。
6


手ぬぐいを使って顔ふきを
習いました

 

お庭の畑にさつまいもの苗を
植えました。


「ことりのうた」の合奏  
  初めてすずとカスタネットを
持って音をだしました。
 
お母様からのお手紙より
  お天気しぼり(水滴がでないくらいしっかりしぼる)にするにはどうしたらいいか
  聞いてきたので、やり方を教えてやると お天気しぼりになるまで頑張ってしぼっていました。
6


十姉妹のお世話が始まりました。
「赤ちゃんがいる!」 
「卵もいっぱいある!」


手ぬぐいしぼりを習いました。
一生懸命しぼっています。


手を使ってペタペタッと色あそび
 「たのしい~!」

お母様からのお手紙より
がらがらうがいは今まで上を向いて口を開けるのをこわがったりして、なかなかうまく出来ませんでした。今回、
自分で出来るようになったのがとても嬉しいらしく、誇らしげにうがいを見せてくれました。
6


 今日はがらがらうがいを習いました。「できない」と言いながらも何度もやってみました。


4才児グループの卒業生に
十姉妹のお世話の仕方を
習いました。


十姉妹の親子、
巣の中には卵もあります。

お母様からのお手紙より

みんなで公園に行った事、外でお弁当を食べた事、お友達と手をつないで歩いた事など
よく話してくれました。とても楽しかったようです。

5
 

近くの公園までみんなで歩いて
遠足に行きました。

お外で食べるとおいしいね」みんな残さず食べました。


みんなで電車ごっこ
「幼稚園駅に着きま~す」
 

お母様からのお手紙より

週のぶくぶくうがい、始めは口に入れた水をずいぶん飲み込んでしまって、ちょっとしか
出せなかったのが、最後のほうでは上手になってきました。
5


ぶくぶくうがいを習って
皆もやってみました。

二十日大根を収穫しました。
「わーっ 大きい!!」

「持って帰る!!」


粘土で好きなものを作りました。
「おだんごつくる。」 「へび」
かいじゅうのおうち」 
 いろんなものができました。
お母様からのお手紙より
5日間生活時間と食べたものを記録してみてのお母様の感想
*もう少し野菜や豆、青菜を増やしたいと思います。
*起きる・寝る・食事の時間が毎日ばらばらで規則正しい生活が送れていないことがわかった。 
5


 先週ごはんの食べ方の紙芝居を見ました。上手に食べられた?
 「わたしはのろのろ食べる
うしたべ」「ぼくはおかあさんに
食べさせてもらう 赤ちゃんたべ」

「わたしは手で食べる さるたべ」

わらべうたをしました。 
しゃん しゃんしゃん、
おしゃしゃのしゃん、

おしゃしゃのきりんさん   
みんなきりんになって
動いています。


 二十日大根の葉っぱが大きくなってきました。
間引きをして、
間引き菜は持って帰りました。
「スープに入れてたべる!」

お母様からのお手紙より
 遊び食べとだらだら食べ、食べさせてほしがる事はとても困っていた問題でした。
親子3人でどうしたら 上手食べができるか話し合いました。
①テレビは絶対に消す。 ②ごはんの量は少なくしておかわりする。 ③全員食べ終わるまで席は離れない。 
ということを決めました。
5


「お便所ひとりはいりはどうだった?」
皆で聞き合いました

 お食事の時にするエプロンの着方・脱ぎ方を習いました。 


二十日大根の間引きをしました。間引き菜は
おうちに持って帰りました。

お母様からのお手紙より
我が家にミラクルが起きました。先週の集合日、帰ってしばらくして「おしっこに行く。」 一瞬 耳を疑いましたが、  トイレの中のおまるにまたがり、無事 用をたしました。

5


 先週 たねをまいた二十日大根がどうなっているか見ました。「芽がでてる!!」


お便所ひとりはいりを習いました。 おうちでやってみようと話しました。


和紙に好きな紙を貼って こいのぼりを作りました

お母様からのお手紙より
(先週パンツはきを習って)「自分ではかない。」といつも言っていたのに、 最初のうちは半泣きでしたが、日が進むにつれ、素早くできるようになりました。 いつも母親か姉にしてもらうばかりの事が自分でできるようになって嬉しそうです。

4


4才児の庭の畑に
二十日大根の種を
巻きました。


先週習った手洗いを家で
やってどうだったか
聞き合いました。
「ごはん食べる前に
手を洗った。いっぱいできて
よかった。」

お母様からの
お手紙より

家に帰ると早速、石けんを出して「こうやって手をあらうのよ」とおばあちゃん、おじいちゃんに教えていました。しばしば嫌がっていたのがうそのように自分から積極的に洗っていました。

月)
4才児グループ 1回目の集合日です。青空が広がって 気持ちのいい朝です。

手洗いのしかたを習ってやってみました。 

お庭のたけのこをたくさん掘りました。
お母様からのお手紙より
4歳児グループから届いたお手紙をとても喜んでいました。が、「帰りはどうするの?
おかあさんはどうするの?」と不安な表情を見せました。人見知りをせず、積極的な面ばかりを
見てきましたので驚いております。当日どのような表情で向い、帰ってくるのか楽しみです。
 

          4才児グループでは、週に一日集まって、手を洗うこと、
         お手洗いに一人で行くこと、うがい、衣服の脱ぎ着、
         冷水まさつなどの生活習慣を子どもが励み表をつけながら、
         一つ一つ積み重ねて自分の力で身につけていきます。
、         言葉で教えるのではなく 友達との関わりの中で
          感じていくことを大切にしています。
          *少人数で子ども一人一人の心と身体の成長に合わせて
            導いていきます。
          *子どもが自分で考え自ら行動するように見守ります。
          *生活を通して子どもの生きる力を育てます。
          *母親も友の会の中で衣食住の基本を学べます。
こちらもご覧下さい
全国友の会幼児生活団HP
 TOP 
お問い合わ

 〒810-0033 
 福岡市中央区小笹1-7-4

  4才児グループ TEL・FAX 
092-524-7375(月・水)
  福岡友の会   TEL・FAX 
092-531-6607(月・火・木・金)