小学生生活学校
2016年度
小学生対象に
年間6回シリーズで行っています
 
6回目
2月4日(土) 

学校行事やインフルエンザの影響で10人がお休み、参加は17人です。

生活の積み重ねが表れた、来た時に貼る表。 


早く来た子供たちが活けた花。生活学校の朝の定番です。
     
 今日は最後、畑の野菜を全部収穫。
大根も「わ!大きい!」 「葉っぱは大きくても、抜いたら小さい!」など
にぎ
やかに収穫。水菜や小松菜は、「根っこも切るでしょ」と自分たちで作業を進め、前回の作業 をよく覚えています。
 
     
今日の読書は「蛍のひかり 窓のゆき」~子供読本~
内容は、はじめは「こずかい帳」のこと。1月からつけてみたかな? 聞いてみて、班でみんなのこずかい帳を見てみました。
どうやってつけるか、まとめ方が分かった、貯金のことがわかった、など話し 合って分かったことも聞きました。
  
 
今日のしっかり勉強は「ちくちくぬい」。タオルで雑巾を作ります。
周りを好きな色の糸でちくちくぬっていきます。玉結びは難しいけれど、前々回もやったので、ちょっと要領がよくなってます。

 
お昼は満点ご飯とのっぺい汁、収穫した青菜のおひたし。のっぺい汁にも収穫し
た大根が、とても柔らかでした。

 

間にお昼ご飯をはさみ、仕上げて帰るを目指します。準備や片付けも自分たちでします。
  
学校が終わって、午後から参加した子も。周りを縫ったら、中を十字に縫ったり、絵を描くように縫ったり。「地球」「ねこ」と傑作もできていました。置き場所や使い方も考えました。
最後に一年間の感想を聞き合い、「お風呂掃除をするようになった」や「パジャマのボタンを自分でつけた」「ふとんをきれいにするようになった」など、お家でもやってみたことや、出来 るようになったことなど、皆から聞くことが出来ました。

 
 
さようならのあと、来年度のためにジャガイモを植えました。
 来年度の募集もはじめています。
申し込みは友の会のHP、電話FAXで受け付けています。 
  
  5回目
12月17日(土)

小学生生活学校と福岡友の会子ども係合同で
「クリスマスを祝う
会」を行いました。

 
 
クリスマスって何の日?イエス様が生まれたのは何年前?とクイズ形式でクリスマスのお話。
讃美歌や「赤鼻のトナカイ」の即興合奏。生のピアノ伴奏で子どもたちは気持ちよく歌っていました。  
   
朝の絵本の感想から、
たすけあいや公共の話をし、
献金の時間を取りました。

集まった献金は友の会を通して、
障がいのある人たちが生活する
、共働学舎へ寄付しました。

朝収穫した野菜も、
お迎えのお母さんたちに分けて
、気持ちを熊本地震に
寄付させていただきました。


  
今年は「アナベルとふしぎなけいと」という絵本を読みました。
冬におすすめの
いい絵本です。

 
 
 お昼ごはんは大人が作ったクリスマスメニュー。朝、みんなで収穫した葉野菜も
海苔和えでいただき、一番人気でした。
 
 
   
  午後からは子ども係による飛び出すツリーのカード作り。みんな好き好きに飾り、素敵なカードが出来ました。
「一番感謝したい人に贈りましょう」とメッセージと宛名を自分で書き、スタッフで預かって郵送しました。

  
4 回目 10月8日(土)

読書「豚に真珠」
   
 
 
内容その1 こづかい帳
こづかい帳のつけ方をみんなでして、家でもつけてみることにしました。こづかいをもらってない人も、何か買ったときは書いてねと、用紙を渡して います
 

  
雨が降りそうなので、一番に夏野菜の最後の収穫と、冬野菜の種まきをしました。 
 
内容その2 おにぎり作り
一人一人ご飯の量をはかり(1,2年生は130g、36年生は170g)、そ れでおにぎりを2個作りました。

 

初めてにぎる子や、梅干を初めて食べた子もいました。ごはんの力のお話も聞き ました。

 
お昼ご飯は、おにぎりと豚汁と小松菜のおひたし。
豚汁が具だくさんでおいしく、自分でにぎったおにぎり、みんな完食でした。

 
内容その4 ボタン付け
玉結びとボタンのつけ方を習い、フェルトに練習。

 
家でもまたしたいと、みんな、練習より小さいボタンを選んで持って帰りました。

 

手仕事は、男の子も女の子も目に見えて集中力が高まり、心も落ち着いていく、
とても良い時間になりました。
   
3回目  7月29日(金)~30日(土)
 
お泊り会です

読書 「かわいい子には旅をさせ」

「子ども読本」羽仁もと子著作集より 
 
     
受付後今朝お母さんに言われずに出事た所にシールを貼りました。 みんなできるよーと言いながら」「布団の片付けは4人でした。 みんな元気に来たことを確認して、まず畑の野菜の収穫  トマト、なす、ゴーヤ、ピーマン、きゅうり、しそ、オクラ
お泊り会の食事に使います。
 
     
おやつはフルーツポンチ。大好評です。作り方を教わっていた子どももいました。  おやつの後は順番にお風呂に。 お風呂の順番の間に明日のお昼のピザつくりの話し合いをし、生地の材料を男の子が、トッピングの材料を女の子が買い物に行き、いくらかかったか、班で計算、作り方もノートに書きました。 残った時間で、じゃんけんゲームや推理ゲームをして、みんなあっという間にうちとけました。 
     
夕食は大人が作った唐揚げ、収穫したトマトやきゅうりのサラダ、なすの揚げびたし(しそのせ)など。皆食欲旺盛!!  食事の後は食器洗いと掃除。
人数が少なくなかなか終わらずに大変。 
明朝のお味噌汁のだしのいりこのワタ取りを教わり、班に分かれて取りました。 頭がもったいないと食べてしまう子もいました。
    2日目 
夜は会員によるピアノコンサート。オリンピックイヤーにちなみ「世界の音楽巡り」ブラジルの音楽では、子どもたちも楽器をもってノリノリです。 目の前で聴ける贅沢な時間をすごしました。 ござをみんなでしいて寝る用意も自分たちでします。1日をふり返って静かに寝ます。  朝のラジオ体操を庭で。 
     
 朝ごはんの前に、たくさん採れたしそでしそジュースを作りました。クエン酸を入れて色が変わると「わ~っ」という歓声が。 庭の野菜サラダ、とりハム、子どもが作ったスクランブルエッグ、味噌汁の朝ごはんをみんな元気に食べました。  朝から生活学校卒業生の高校生が来てくれて一緒に過ごしました。 
     
 朝食後は使った友の家をみんなできれいにします。班に分かれて掃除をする場所を決めましたが、トイレ掃除がなかなかきまりません。結局じゃんけんになりましたが、感想では「そんなに大変ではなかった」「学校のトイレよりきれいだった」とのこと いよいよピザつくり。生地からこねて作りました。発酵させて4つに分けて、丸く伸ばします。 中々丸くならない子、上手に伸ばせる子、薄い生地や暑い生地、耳にチーズを巻き込んだ子もいます。 発酵させている間にトッピングの野菜を切り、ソースは取れたトマトで大人が作りました。 
     
 自由にトッピングして、手作りならではの美味しいピザができました。 焼いている間に上級生がピザ1枚の値段を計算。高校生も手伝っています。 食事の時間にみんなに発表しました。1枚当たり生地が20円トッピングが100円 1枚120円でできたことに子どもたちも驚き。 発表した人はどうまとめたらいいかとても考えたとのことでしたが、低学年の子にもわかる発表でした。
  お泊り会で作ったピザやしそジュースの作り方もしっかりノートに書きました。はじめはおうちの人と離れて不安そうにしていた子供たち。楽しいことも大変なことも子ども達で協力して1日過ごし、みんな晴れやかな顔で楽しかったといって、帰りました。
  
2回目  6月11日(土)

読書 「得手八人力」

「子ども読本」羽仁もと子著作集より

今日のテーマ  《お昼ごはんつくり》
 
荷物箱に一人ひとり荷物を入れて、今日は二階に集まります。
 
早く来た人は畑で野菜を収穫したり、部屋に飾る花を活けたりしました。前回植えた野菜のピーマン、なす、きゅうりの収穫ができました。
 
1回目、地震で日程が変わりお休みした人も全員来て、自己紹介もみんなしっかりできました。
 
メニューは三色ごはん 粉ふきいも野菜の塩もみみそ汁
みそ汁は大人が作りました。
 
子ども達はお米のとぎ方を習い、班に分かれて作ります。
 
野菜を切ったり、ゆでたり、いためたり、じゃが芋の皮むきもピーラーですが、初めての子は慎重で時間もかかります。
 
低学年が多い中、みんなができるよう、上級生がよく仕切ってどの班も美味しそうにできました。
 
作り方をよく読んで、調味料のはかり方もだんだん上手になっていきました。
 
食べる分量も量りながら盛り付けました。
 
前回の工芸で作った夾纈染めのランチョンマットを敷いてテーブルセッティングも整えて、いただきました。畑でとれたきゅうりは子どもが塩もみに、味噌汁には玉ねぎとなすを、そしてピーマン、なす、玉ねぎで大人が炒め物をを作ってくれました
 
ご飯の後は食器洗いと部屋の掃除に分かれて片付けもします。
 
新しい子はまだ遠慮しながらですが、何をしたらいいかちゃんと聞いてくる子もいて、これからが楽しみです。
 
帰る前に今日のレシピと次回のことをノートに書いてます。

 
今日の感想では、できることが増えたという人がたくさんいて、自分達で作ったので、いつもより美味しい気がしたという人に、みんなそうという声が出ていました。
 
ランチョンマットは持って帰りたいという人もいましたが、1年間使って、最後に持って帰ることにしています
 
4月23日(土)

416日の予定でしたが、熊本地震のため、1週間延期してのスタートです。

読書は「力は出るもの出せるもの」

「子ども読本」羽仁もと子著作集より


今日のテーマは《楽しい工芸》
 

子ども達の感想も、「力は、出せば出すほどつく、兄弟げんかで我慢するのも力がいる」などたくさん出ました。

紙の話を聞き、染め方を教えてもらいました。


今回は、手仕事で「きょうけつ染」をしました。
和紙を折って染めます。
  
色や、染めるところを工夫して、どんな模様になるのかみんな興味深々。
 
どれも素敵で、広げる時に歓声が上がっていました。


班に分かれて、畑に野菜の苗を植えました。

植え方を教わり、班でこうだったよねと教え合いながら、
みんな丁寧に植えました。


トマト、オクラ、ピーマン、なす、キュウリ。
美味しい野菜ができますように。


昼食は三色ごはんとポテトサラダとみそ汁
今日は大人が作りました。
 
 
ご飯の用意、片づけも子ども達で。  食器洗いや掃除も、「食器洗いたい」「雑巾かして」とみんな進んでしていました。 
 
午後からは、染めた和紙で袋を作りました。
作り方を4年目の人が教えてます。

出来上がった袋、みんな嬉しそうに見せ合いました。 

生活学校用に1年使おうと話しました  
。