2019年12月こどものじかん

1214日(土)クリスマス会 13人の子どもが集まりました。

初めて参加する人も3人います。
今月の元気に来たしるし来ている人と貼ってあるぞうさんの数が同じかみんなで
数えて確かめます。

はじめに、わらべうた手をつないで「どうどうめぐり」や、「雨こんこん 雪こんこん」 子どもの気持ちが落ち着いて、素直な言葉が出てきます。

クリスマスのお話イエスさま聖誕の紙芝居をしました。幼稚園で劇をしたという人もいるし、 初めて知った人もいます。

救い主イエスさま、救い主とは、「一生懸命する人を助けてくださる方」と
子どもたちに話しました。

お話を聞いた後は、クリスマスの歌「おほしがひかる」をみんなで歌い、楽器も合わせてみました。3曲用意していましたが、
1曲をみんなで考え、しっかり楽しみました。

その後、まつぼっくりと自然の木の実や枝、羊毛などを使ってクリスマスツリーを作りました。思い思いに材料を選んで、好きなようにボンドでつけていきます。 思いもよらない発想をする子、どんぐり一筋、ていねいにつけていく子、してみたいように
大人は助けます。

手の洗い方をみんなで習い、ていねいにしっかり洗って、今日は小学生生活学校の
人たちとお昼ご飯を食べました。
お兄さんお姉さんの中に入ってみんな嬉しそうです

ろうそくの灯りでクリスマスのお祈りをしていただきました。どの人もとても一生懸命
うたい、「歌いたい」と言った子どもたちの
気持ちがしっかり出ていました。
とても心温まるお食事会になりました
お食事のお礼に、今日歌った「おほしがひかる」を歌い、小学生も「きよしこの夜」を歌ってくれました。

今年度、少しずつ参加する方が増えています。来年度の募集も始まりました。

ホームページからもお申込みできます。興味のある方、お気軽にお問い合わせください。